プリンタ・複合機

「プリンタ・複合機」の有益情報をお届け!

1日3分!! 小さな会社やお店で役に立つIT活用術

1日3分で分かるよう小さな会社やお店に役立つIT活用法や問題解決情報を配信中。

2011年10月26日

年賀状を自前で作る前に確認すること

先日、郵便局から年賀状の申し込み案内が届きました。
もう年末なんですね、あっという間に一年が過ぎそうになります。
 
我が家では年賀状を自前で作るのですが、いつも12月に入ってから作っています。
が、今年はちょっと早めに取りかかろうと思います。
なぜなら、「プリンタをこの時期しか使っていない」からです。
 
どうしてこの時期しか使っていないから、早めに取りかかろうと思ったのでしょう。
実は、毎年この時期になると、プリンタの修理依頼が増えるからです。
 
インクジェットプリンタを持っていても、この年賀状の時期しか使わない、という方は多いかと思います。
年に1回。この時期だけ。
そうなると、ヘッド(インクの噴き出し口)の目詰まりが起きていることが非常に多いです。
染料系のインクだと、水分が蒸発して固まってしまうために起こります。
 
目詰まりが起きると、通常はヘッドクリーニングを何回か行うことで解決できます。
しかし、それでもダメな場合は、メーカー修理しかありません。
 
で、たいていの方は面倒なのは嫌いなので、後回しにしようとします。
12月に入って、「そろそろ年賀状作らないと間に合わない」って慌てて作ろうとして、目詰まりが起きている -> ヘッドクリーニングしても直らない -> 修理に出す。
みんな同じことを考えて一斉にプリンタを使おうとするから、修理依頼が増える、というわけです。
 
メーカーも12月に入ると、こういったことから修理が遅れるかもしれません、と言ってきます。
間に合わないからしょうがない、新品を買うか! となってくれればうちとしてはありがたいですが、ヘッド目詰まりだけなら修理した方が安いです。
 
 
なので、皆さんもそろそろプリンタを点検しておいたほうがいいですよ。
用紙を1枚セットして、テスト印刷してみてください。
 
  • 印刷されない
  • かすれる
  • 色が抜けている
 
このいずれかが起きていたら、1回ヘッドクリーニングしてみましょう。
クリーニングしたら、再度印刷してください。
改善しなかったら、2〜3回ヘッドクリーニングを繰り返してください。
それでも改善しなかったら、エスシーエムに修理依頼してください。
糸魚川市内のお客様でしたら、こちらから一声かけてください。
 
 TEL:552-9821
 FAX:552-7825
 info☆scmcorp.co.jp(☆は半角@に置き換えてください)
 

今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 12:00 | 新潟 ☁
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:プリンタ・複合機
エントリー:年賀状を自前で作る前に確認すること
2011年06月28日

PCからFAXを同報送信すると、全ての送信...

最近のコピー機(複合機)についているFAX機能。
パソコンからFAX送信することもできて便利ですが、とあるメーカーの一部機種でこのような不具合が出ています。
 
 FAXドライバを『標準設定』のまま、外部の送信先の複数個所に同報送信すると、全ての送信先名と送信先ファクス番号が印刷された送付状を付加して、全ての相手先に送信される
 
コピー機本体からの送信は問題無いのですが、パソコンからだとこうなるそうです。
知らないでいるとエライことになりますので、該当機種をお使いの方はこちらのサイトをご覧になって、早急に対策してください。
 
 
※小さな会社やお店にはちょうどいい、ひと月に500枚くらいしか印刷しないところにはこれ1台で十分な機種なのですが、こういったことがあると他のメーカーを選択することにもなってしまいますよね。今後無いことを願うばかりです。
ただ、こうやってWebで修正情報を公開しているので、誠実な会社だなぁ、とも言えますね。
(中には「これはリコールでしょ」ってものでも認めないでコッソリ修理対応する企業もあるので。)
 

今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 14:30 | 新潟 ☔
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:プリンタ・複合機
エントリー:PCからFAXを同報送信すると、全ての送信...
2010年12月02日

複合機、どれくらい使っていますか?

コピー・FAX・プリント・スキャンが1台できる複合機を使っているところは結構あるとおもいます。
自分もお客さんのところへ行くとよく見かけます。
よく見るのが、リコー・ゼロックス・コニカミノルタなどの複合機メーカーです。


これらの製品って、カウンタ料金(チャージ料金)がかかるものがほとんどです。
カウンタ料金は、1枚印刷する毎に請求が発生するものです。
よくあるのが、A4換算で月1000枚まで月額基本料金に含まれていて、それ以上の枚数は1枚当たり20円、とかいうパターンです。
使えば使うほど月末の請求金額が大きくなるタイプです。


この料金にはメンテナンス料金や故障時の修理代も含まれていますが、果たしてそれがお得なのでしょうか?


おそらく皆さんは何かあったらすぐ来てくれる「利便性」でカウンタ料金方式の複合機を選択されているのではないかと思います。
またそれが当たり前だと思っているかと思います。


実は、毎月請求が来るカウンタ料金方式ではない複合機も存在します。
例えば、沖データの「MC860dtn」
こちら、普通のプリンタと同じで、毎月のカウンタ料金がかかりません。
トナーが無くなったら交換するだけなので、使わなければ請求発生しません。
もし月に500枚印刷するとして、年に6,000枚。
トナー1セットで約7,000枚印刷できるので、1年ちょっとトナー交換しなくていいです。


  • パソコンから印刷してチャリン、と課金。
  • コピーを取ってもチャリン、と課金。
  • 「50万円まで即融資」のFAXが来てもチャリン、と課金。


もし今、月に数百枚程度の少ない印刷枚数なら、カウンタ基本料金を毎月支払いし続けるよりお得じゃありませんか?


経済状況の厳しい中、少しでも係費を削減するためには、毎月かかる固定費を減らすことも重要です。
今と同じ事ができるなら、沖データの「MC860dtn」に切り替えるだけで、毎月の請求を気にしなくてよくなります。


ちなみに、沖データの「MC860dtn」は、標準で5年無償保証が付いています。
通常6ヶ月〜1年がメーカー無償保証、というのがほとんどかと思いますが、これは大きいですよね。
以前メーカーの方と直接お話したことがありますが、もし故障しても数時間、早ければ1時間くらいで来てくれるそうです。
沖データの親会社である沖電気工業が銀行ATMも手がけていて、ATMは止まったら大変なので、すぐ駆けつけられる距離に部隊が配置されている、ということを聞きました。
この部隊が複合機の保守も行っているそうです。
そういった保守面も安心だとオススメできます。


通常の複合機の機能ももちろんあります。


  • 受信FAXを印刷しないでパソコンに保存
  • 送信FAXを印刷しないでパソコンから送信
  • スキャンデータをパソコンやNASに保存
  • 長尺印刷
  • 両面印刷
  • FAX同報送信
  • LAN標準対応 etc...


毎月のカウンタ料金がかからない、5年標準保証がついた複合機、沖データの「MC860dtn」。
昨日紹介した商品券でもご購入いただけます。


ご購入のご相談はこちらをクリック
 

今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 09:00 | 新潟 ☀
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:プリンタ・複合機
エントリー:複合機、どれくらい使っていますか?
fx比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。