2011年09月15日

パソコンを引っ越すときに見ておくこと その1

先日、会社のパソコンをWindows7に入れ替えました。
以前はWindowsVistaを使っていましたが、3年も経つと起動に時間がかかるようになり、最近は、出社して電源をポチッと押してから、掃除をして、トイレに行って、お茶を飲んで一息入れてもまだ立ち上がる途中だったりしたので、さすがにもう限界!! ということで時間に余裕ができたこのタイミングで入れ替えました。
で、入れ替えとなると当然必要なのはデータのバックアップとソフトの再インストール。
データは自分のパソコンなので、どこに何が入ってるか分かってるつもりですが、よーく見ると、「これ、何だっけ?」なんてファイルも出てきたりして、この機会に整理してたり、なんてやってるとあっという間に時間が経ってしまいます。
あと、ソフトの設定情報、メールアカウントやメールデータ、ブログ更新ソフトのアカウント情報、Webサービスの自動ログイン設定情報など、普段は自動入力にしてあるからすっかり忘れてたりするので、引っ越したパソコンで設定しようとすると、「パスワードが分からない、どうしよう!!」なんてこともよくあります。
どちらも自分なりのルールを決めて管理しておけばいいのですが、何かと面倒ですよね。
 
そこで、こういうときはこの方法を使ってみてください。
データのバックアップはオンラインストレージを使う。
USBハードディスクやUSBメモリ、NASなどにコピーするのがカンタンですが、DropboxSugarSyncWindows Live Meshなどのオンラインストレージサービスを活用すれば、もっとカンタンです。
普段、ファイルを保存するときに、これらの指定したフォルダ内に保存するだけなので、毎日仕事から帰る前にバックアップを取る必要もありません。勝手にバックアップしてくれます。
しかも、無料で3〜5GBも使えるので、たいていの事務系データなら十分足りるでしょう。
容量が足りない場合は、大容量の有料プランもあるので、いっぱいになってきたらプラン変更すればいいでしょう。
 
タダで使えて、毎日の面倒が無くて、カンタン。
バックアップにお金を掛けられない小さな会社やお店にはピッタリですね。
 
 
参考サイト:
 
 
あ、パスワードとかの設定情報はこれが一番!!
今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 01:44 | 新潟 ☀
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:バックアップ
エントリー:パソコンを引っ越すときに見ておくこと その1
fx比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。