1日3分で分かるよう小さな会社やお店に役立つIT活用法や問題解決情報を配信中。

2011年01月31日

今朝の停電で思ったこと

今朝、我が新潟県上越・妙高・糸魚川地域が停電になりました。
原因はこちらのようですが、今回思ったこと、感じたこと、を書き出してみました。


【家庭編】
・携帯電話の充電はマメにしておくべき
  朝5時の停電で起きたら真っ暗。頼りになったのは携帯電話の明かりでした。これがないとどんなに心細いか、を痛感。
・防災用具は揃えておくべき
  懐中電灯やろうそく、マッチやチャッカマン、ラジオ、電池、食料など。冬場ならカイロ。今回はガスが使えたので、我が家は火を使えましたが、オール電化のお宅は全滅のはず。大変だったかと思います。電気が無くても何とか過ごせる状況を作るべきだと感じました。
・ストーブは必須
  ヒーターだけだとファンが回らないので使えません。うちも普段はヒーターなのですが、いざという時のためにストーブを用意していたので、暖を取ることができました。ストーブだと、ガスが使えなくてもお湯が沸かせるので、カップ麺やレトルト食品を調理でき、食いつなぐことができます。


【仕事編】
・障害時の連絡ルートは用意すべき
  緊急時はまずどこに連絡を集約して、だれに指示をして、対応してもらうか、といったフローを平時に整理しておくことが重要ですね。工場などではよくありますが、事務仕事やお店のようなところではあまり無いように感じます。 
・繋がらないときの確認箇所をまとめておくべき
  まさに「段取り八分、仕事二分」ですね。システム管理者がいないところでも、保守を外注しているところでも、いち早く復旧するために、「インターネットが繋がらないときはこの順番に確認する。まずはルーターとモデムの電源を入れ直す。」みたいな手順書があるといいですね。 
・UPSとサーバーの設定はちゃんと確認しておきましょう
  APCやオムロンなどのUPS製品は、専用ソフトで電源管理ができます。電源供給されなくなったら自動的にサーバーの電源を切る、復旧したら自動的にサーバーを起動する、などです。これがあるだけで、システム管理者さんの負担が相当軽くなるはずですし、回線状況によってはすぐネットやメールが復帰できますよ。



ザッと思いついたまま書いてみました。
ほかにこういうのも大事だよね、というのがあればコメント追加してもらえるとうれしいです。
この記事が皆さんの道標となれば幸いです。
 
※防災グッズ、我がエスシーエムでも取り扱っています。こういったのとか。日頃の備えが大事ですよ!!
 

今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 19:17 | 新潟 ☁
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:安全対策
エントリー:今朝の停電で思ったこと
2011年01月21日

ほんのちょっとの心がけ

2週間ほど前の記事ですが、ついに出てきました。



世界初、Android上で動作するトロイの木馬型ウイルスが出現
 http://is702.jp/news/857/partner/133_s/



スマートフォンに搭載されているOSのひとつである、Androidですが、これの上で動あるゲームをインストールすると、くトロイの木馬型ウイルスに感染するそうです。
詳細は上記記事に譲るとして、今まで比較的安全だった携帯電話がどんどんパソコン化していき、OSもパソコンのものに近くなると、こういったことが起こりうるリスクが高まります。


こういう話をすると、「スマートフォンってコワイから使うのやめようかなぁ」などと言う方が出てきますが、要は大事なのは、「ちゃんとリスクを管理しましょう」ということです。


「ウイルスに感染するかもしれないから、使わない」


ではなく、


「これさえ気をつけていれば大丈夫」
「こういうことをすればウイルスに感染する可能性がある」


ということを理解していれば全然怖くありません。
どんな道具にも危険はあります。
包丁だって使い方を間違えれば指を切って血が出ます。
スマートフォンだって同じことで、警告が出ているのにOKを押して使えば感染するのは当たり前。
つまり、「使うあなたの心持ち次第でどうにでもなる」、ということです。
 
スマートフォンは「便利な道具」。
正しく使って楽しみましょう!!
 
 
※ちなみに、Android対応のウイルス対策ソフトはこちらにまとめがありました。
NAVERまとめ - 全Androidユーザー必見!ウイルス対策アプリまとめ
 http://matome.naver.jp/odai/2129490294439755901
 

今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 12:15 | 新潟 ☁
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:セキュリティ
エントリー:ほんのちょっとの心がけ
2011年01月14日

ポイントは「互換性」

先日発表になりました。
ワープロソフト「一太郎」や日本語入力ソフト「ATOKicon」で有名なジャストシステムが、マイクロソフトOffice互換ソフトを今年の夏に出すそうです。


JUST Office
 http://www.justsystems.com/jp/news/2011f/news/j01121.html



互換ソフトの中身ですが、
  1. 表計算ソフト「JUST Calc」(Excel互換)
  2. プレゼンテーションソフト「JUST Slide」(PowerPoint互換)
  3. ワープロソフト「JUST Note」(Word互換)
  4. 日本語ワープロソフト「一太郎 Pro」
  5. 日本語入力システム「ATOK Pro for Windows」
これに管理者向けツールの、
  1. ライセンス管理ツール「JUST AppDesk(ジャストアップデスク)」
  2. エコ印刷ツール「JUST InkCutter(ジャストインクカッター)」
  3. 企業向けアップデート管理ツール「JUSTオンラインアップデート for J-License」
が付属するそうです。

無駄な印刷を省いて、紙とインク・トナーを節約!インク節約ソフトも搭載して節約効果がアップ
icon


このJUST Officeの注目ポイントはこちら。
  1. ファイルの互換性
  2. メニューの互換性
  3. 日本語入力
  4. 印刷コスト削減
  5. ライセンス管理
  6. 1ライセンスから購入できる
  7. 価格
他社の互換ソフト、キングソフトオフィス2010やStarSuiteと比べてどこまでMS-Officeに近づけるか、がひとつのポイントになります。
Office2003形式での互換性があるそうです。拡張子が「.xls、.doc、ppt」などです。
また、Office2007以降で採用されたリボン形式ではなく、2003形式に合わせてきたのもポイントです。
使い勝手が変わったことで新たに覚えるのが大変、といった負担が少なくなります。


日本語入力は定番のATOKです。ただし企業向けバージョンになります。
個人向けとの大きな違いは、「言葉の統一が図れる」点です。担当者によって言葉が違ったりするとお客様が困ることもあったりしますし、思わぬ誤解を招くこともあります。それらを防ぎ、無駄なところに時間を取られないで済むメリットがあります。

今使っている日本語入力ソフトにイラッと来たら、こちらをどうぞ。
icon


印刷コストを削減するソフト「JUST InkCutter」が付属します。これは印刷時にインクやトナーの使用量を調節して、印刷コストを少しでも削減するソフトです。
他社でもいくつか出ていますが、「1回見たら終わりの社内文書は濃度50%、客先への書類は100%」といった使い分けができるようになるはずです。
うちのお客様でもこの手のソフトをお使いいただいていますが、1年くらいで元を取ってます。
地味な機能ですが、年間を通してみるとかなりお得になってたりします。

無駄な印刷を省いて、紙とインク・トナーを節約!インク節約ソフトも搭載して節約効果がアップ


小さな会社では台数が限られているのでそうでもありませんが、数十台とPCがあるとライセンス管理が大変です。
管理者の把握していないところ、現場レベルでPC増設されていたりして、気付かずにライセンス違反となると大変です。
JUST Officeでは、ライセンス管理が楽になるよう「JUST AppDesk」という管理ソフトが付属します。
これを使って、社内導入状況の把握が容易になります。


ジャストシステム製品でいいところは、ライセンス製品でも1ライセンスから購入できる点です。
JUST Officeは、パッケージ版は販売されず、ライセンス製品のみとなるようですが、ジャストシステム製品は1ライセンスから購入できるので、パソコン台数が2〜3台くらいしかない小さな会社やお店でも購入することができます。

純正品でなくても十分過ぎる性能。PDF変換・作成ソフトはこれ!
icon

 
MS-Office2000をまだ使っていて、さすがに更新しないといけない、と分かっていても更新費用が高くて困っているあなたにピッタリですね。


問題は価格です。
まだ発表されていませんが、現在発売中の統合ソフト「JUST Suite 2011」では1ライセンスあたり約2万円です。
おそらくこれと同じ価格帯になると思われます。
これくらいならMS-Officeより安いですね。しかもMS-IMEより賢いATOKも手に入りますし。



機能云々はありますが、一番大事なのはファイル形式の互換性。次にメニュー構成の互換性。
この2つが重要ですね。
いくら安くても互換性がイマイチなら、既存の互換ソフトと同じ運命になるでしょう。
メニュー構成が違えば、ユーザーの負担は増します。新たに覚えるのは正直しんどい。パワーが要ります。

メイド・イン・ロシア
icon



どこまでジャストシステムが本気なのか、早くデモ版が見てみたいです。
Office更新をご検討の方は、予算だけ確保して、更新は夏以降にちょっとずらしてみてください。
JUST Officeを見てからでも遅くはない、と思いますよ!!
 

Just MyShop(ジャストシステム)

 
JUST Suiteの価格は...
今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 13:09 | 新潟
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:ソフトウェア
エントリー:ポイントは「互換性」
fx比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。