1日3分で分かるよう小さな会社やお店に役立つIT活用法や問題解決情報を配信中。

2010年07月31日

デスクトップでHDD2台のとき、こんな現象が

デスクトップパソコンに限った話なんですが、内蔵ハードディスクを増設したら、起動しないことがありました。


その発生条件は、

  1. 筐体がマイクロタワーやミニタワーなど、ハードディスクが2台以上増設できるスペースがあるもの
  2. 内蔵ハードディスクを2台入れて使っている(ミラーリングや、OS用とデータ用に分けたり)
  3. ハードディスクは地面と並行に設置
  4. ハードディスクの設置間隔がほとんど無い


という状況でした。


電源を入れると、デバイスチェックの英語画面が出てきて、途中で止まります。
あれっ、と思って電源を入れ直しても、やっぱりだめ。
先日書いた記事の、コンセントから抜いて、電源ポチポチッと押して放電して、再投入してもダメ。


何で? どうして? と思い、パソコンを横にしてフタを開けた状態で電源を入れたら、


『あ、動いた!!』


なんだ、大丈夫じゃん!! そーっとパソコンを縦に起こしたら(ホントはやっちゃいけませんが)


『カツーン』


とハードディスクからイヤな音がしてシステムが固まりました。

ディスクを2台とも取り外し、チェックしようと重ねたとき、スーッと吸い付くような感覚が。


『これだーっ!!』


原因は、『ハードディスク内の磁石が強力だったから』のようでした。

ハードディスク内部は、レコードプレーヤーと一緒で、円盤と針があります。
データを読み書きするときは、レコード針が円盤状に移動して処理しますが、僅かに浮いた状態で仕事します。
その間隔、10万分の1ミリだそうです。

で、ディスク同士が近すぎると、それぞれの磁石が作用して、針を盤に接触させるようです。

ピタッとくっついて読み込みできなくなるので、止まる、ということでした。


最近では、CADやデザイン系のパソコンを高速化するためにハードディスクを2台にすることもありますが、もしこういうときが起きたら、

  • パソコンの向きを変える(縦なら横置きに、横なら縦置きに)
  • ハードディスクの設置スペースを空ける


などして、工夫してみて下さい。



※まだまだ駆け出しなので、こちらをクリックしていただけるとありがたいです。


今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 09:00 | 新潟 ☔
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:ノウハウ
エントリー:デスクトップでHDD2台のとき、こんな現象が
2010年07月30日

Webブラウザを使ったシステムが動かない

『インターネットエクスプローラを最新版にしたら、ソフトが動かなくなった。』
 
 
という問い合わせをいただいたことがあります。
 
そのお客様は、Webブラウザを使ったシステムをご利用されていて、インターネットエクスプローラ8をダウンロードして入れたら、メインのそのシステムが使えなくなったのだそうです。
 
バージョンアップしたので、元に戻せば解決する話なんですが、古いブラウザのセキュリティの問題もあるため、最新版を使いたいとのご希望。


で、あれこれ調べて分かった原因が、これ。
 
 
『ポップアップブロックを無効にする』
 
 
設定場所はこちら

popupblock.jpg 
 
ポップアップブロック機能はブラウザクラッシャー等から守ってくれるありがたい機能なので、セキュリティ強化のために外したくないところです。
 

しかし、システムが使えなかったらどうしようもないですから、

 
 
  • そのシステムを使うときは無効
  • インターネットするときは有効
 
 
と切り替えて使ってもらうことにしました。
 
 
もしWebブラウザを使ったシステムで動かない場合は、一度やってみてください。
ただし、原因がこれ以外かもしれませんので、そのときは業者さんに問い合わせて下さい。
 
 
もうひとつありました。
今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 09:00 | 新潟 ☔
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:ノウハウ
エントリー:Webブラウザを使ったシステムが動かない
2010年07月29日

たったこれだけ

先日、とあるお客様より緊急の連絡がありました。



  お客様:『電気がバチッと一瞬切れたら、パソコンの電源が落ちて、何回やっても立ち上がらない!!』
  わたし:『すぐお伺いいたしますっ!!』



到着して、チャチャッと作業して、すぐ復旧。
この間、たったの1分。



  お客様:『え〜っ、もう直ったの!?』
  わたし:『はい。直りましたよ。』
  お客様:『やっぱりプロは違うね!! 仕事が早いっ!!』
  わたし:『お褒めいただき、ありがとうございます!!(満面の笑み)』



さて、何をしたでしょう?



↓↓答えはこの下にあります↓↓















答え:この手順で作業をしただけ。


  1. パソコンの電源ケーブルをコンセントから抜く。
  2. 電源ボタンを何回かポチポチッと押す。
  3. 電源ケーブルをコンセントに差し込む。
  4. 電源ボタンを押す。


以上。



たったこれだけで、起動しました。




実は、電気の問題でパソコンに障害が起きたり、電源が落ちた場合には、内部の基板上にあるコンデンサ等に電気が残っていることがあります。
これを電源ボタンを押すことで、放電してくれます。
放電されれば、元通りなので、普通に立ち上がってくる、というわけです。



もしそういう状況になったら、是非お試し下さい。



知らないと損をする、知っている人だけ得をする。
そんなお得情報でした。
 
 
ノートパソコンの場合はこちら
今日のネタはいかがでしたか?
もしお役に立てたら下のボタンをポチッとクリックしてね!
にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン・周辺機器へ
posted at 08:00 | 新潟 ☁
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:パソコン
エントリー:たったこれだけ
fx比較
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。